生理のむくみをラシックスで解消と筋肉をつける大切さ

生理前はホルモンバランスの影響で、普段よりも体内に水分を溜め込みやすくなっています。体内に水分が溜まると、体の様々な器官に悪影響が出てきます。
頭に水が滞れば頭痛になり、お腹に水が滞れば腹痛が起こります。生理は女性にとっては避けられない生理現象の一つですが、毎月のように悩まされていると憂鬱になります。
あまりにも生理による体の不具合が多くなると、PMS(生理前症候群)が起こることもあります。PMSは体の不具合だけではなく、怒りっぽくなったり、集中力が低下したり、抑うつ状態になったり、と精神面の症状が現れることも多いです。
まず生理によるむくみを解消するには、ラシックスという利尿剤が効果的です。病院処方が一般的ですが、ネットで買うことも出来ます。買う時には偽物や粗悪品を買ってしまわないように注意が必要ですが、ちゃんとした製品を入手することが出来れば、病院処方よりも安く手に入れられる可能性もあります。
ラシックスを使うと、尿量がアップしてむくみが改善されます。初めて使った人は、今までにないほどの尿が一気に出るので、それに驚きます。ただし、ラシックスを使い続けているとカリウムまで一緒に排出されてしまうので、細胞の電気信号がうまく伝わらなくなって、筋肉が痙攣したり、激しい嘔吐の副作用が現れることがあります。
薬に頼らないむくみ解消法では、筋肉をつけることが大切です。筋肉は体を温める作用があり、血液やリンパ液の流れにも関与しています。筋肉が不足しないように、なるべく普段から下半身を鍛えておくようにしましょう。下半身を鍛えるには、スクワット、ウォーキング、水泳、水中ウォーキング、階段昇降、などがおすすめです。