ダイエットの秘訣と肥満指数・ラシックスでむくみ改善

肥満指数から、自分の肥満度を知ることが出来ます。使うのはBMI(体格指数)で、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で計算することが出来ます。
肥満指数が18.5未満が低体重、18.5~25未満が普通体重、25~30未満が肥満1度、30~35未満が肥満2度、35~40肥満3度、40以上で肥満4度、です。肥満指数が35以上はすべて高度肥満に分類されます。
例えば、体重60kgで身長170cmの人ならば、60÷1.7÷1.7=2.076・・なので約2.1となり普通体重ということになります。
ただし、BMIはあくまで身長と体重をもとにした数値なので、脂肪の量が正確に判断出来ません。
内臓脂肪の量は、ウェストの周囲でだいたいわかります。男性の場合にはウェスト周囲85cm以上、女性は90cm以上あると内臓脂肪が蓄積している可能性が高くなります。特に男性は皮下脂肪が少なくて内臓脂肪が多いので、ウェスト周囲でおおよその蓄積量がわかります。これによってメタボリックシンドロームかどうかがある程度わかります。
自分の体型を知っておくことは、ダイエットの秘訣です。太っているかどうかわからないのに、むやみにダイエットするのは得策ではありません。
ダイエットの秘訣は、体に害を与えない方法で楽しみながら行うことです。楽しむ方法としては、友達とゲーム感覚で行ったり、スマートフォンの万歩計アプリなどを使ってゲーム感覚で行うと良いでしょう。
痩せる秘訣としては、脂肪の除去とむくみを改善することが大切です。むくみを改善するのに使えるのが、ラシックスという薬です。ラシックスは強力な利尿作用があり、病的なむくみも改善してくれます。むくみで体が辛い時には、ラシックスを使ってみると良いでしょう。